公園墓地を始め墓地・お墓・葬儀について考えるサイト「公園墓地.jp」

公園墓地とは

最近、墓じまいとか宇宙葬とか散骨などを望む人が増えたそうです。

なんとなく墓地という概念が消えていくというか、必要ないと感じている人たちが増えたという気がします。
身近な人にも散骨にしてほしい、海に撒いて欲しいという人がいるのではないでしょうか。

それが叶うかどうかは別にして、お墓を守ってくれる人がいないなどという理由があると、お墓自体に価値を求めることができない人も出てきてもおかしくないかもしれません。
海に散骨、宇宙葬など、それを自分らしさと考えることもできると思います。

 

本来、供養とは亡くなった人の魂を何十年かけて養い、あの世で一人前にするという意味があるそうです。
お墓に入れて見守るというイメージだと思います。お墓参りもその中の一環なのかもしれません。

なので、宇宙に撒いたり、海に撒いたりしたら、魂を見守るということが全うできなくなると思います。

 

でも一方で、自分の宗教を知らないというか、仏教は仏教だけど真言宗とか浄土宗とか浄土真宗とか、そういったものがわからない人もいるといいます。

お葬式の内容も違ってくるしお経も違うのですが、一般的な日本人はあまりこだわりがないと言われています。

そこで宗派問わずとか宗教問わずといった民間が経営する墓地などに入れる人も多いそうです。

 

公園墓地

そして公園墓地とは、その名の通り公園のように整備された墓地のことをさしています。

場所にもよりますが、誰でも利用できる広場が設営されていたり、緑や花が多く植えられたりしていて、お墓参り目的でなくても訪れることが可能な憩いの場としての公園の機能を兼ね備えた墓地であるというのが基本的な公園墓地の特徴となります。

 

公益法人や宗教法人が経営しているところで、霊園などのような大きなところが多いようです。
宗教を問わないところも多いので、上記のように宗派で悩んだ方の中で選ぶ割合も多いといいます。

管理料は必要ですが、きれいに管理してくれるのもありがたいところだと思います。
無理のないお墓づくりという点からも考えてもいいと思います。