公園墓地を始め墓地・お墓・葬儀について考えるサイト「公園墓地.jp」

お墓に関する不安

お墓に関する不安

お墓に関して不安がある人が増えたようです。
最近、よく聞くのが「墓じまい」に関することです。
長い間、日本では長男が家督を継ぎ、父母を養って、妻や子を守って、そして先祖の供養をするということが当たり前だったと思います。
けれど、戦後、核家族化が進み、それぞれが独立した家族となってお爺ちゃんお婆ちゃんと暮らすという感覚も薄れてきたのではないでしょうか。
少子化が進んでいるということもありますが、子どもたちにお墓の面倒まで見てもらえるのかという気持ちもあると思います。
実際、お墓参りをするという習慣も無くなりつつあるので、お墓に対しての気持ちも薄れているような気がします。
それでも親族の骨を散骨するというのは、まだまだ一般的とは言えないと思います。
誰がこの先、先祖のお墓を守るかという問題はあるかと思いますが、お墓が必要と考えている人は多いと思います。
お墓があっても檀家とか菩提寺とか若い世代にとっては、お寺との付き合いが面倒と感じるかもしれません。
お寺を身近に感じる人も減ってきていますし、檀家である必要があるのかどうかわからないという状態の家も増えたといいます。
またお墓の値段も高いということもあるかと思います。
お葬式やお墓のために生命保険に入っているという人たちもいるようです。
葬儀費用を互助会で積み立てていたり、葬儀社の会員になって割引してもらったりしているという人もいます。
ある年齢になると考えることだと思いますが、介護のことよりお墓の心配の方が大きいと答える人も多いといいます。
跡継ぎがいないという人だけでなく、自分の子供に負担をかけたくないという人もいます。
そのため、子供の近くにお墓を引っ越すという選択をする人もいるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です