公園墓地を始め墓地・お墓・葬儀について考えるサイト「公園墓地.jp」

菩提寺との関係

菩提寺との関係

菩提寺とは、お葬式や法要をお願いするお寺のことをいいます。
家のお墓が、お寺の境内にあれば、そこが菩提寺となります。
公園墓地に家のお墓があったとしても、先祖代々のお墓がお寺にあれば、そこが菩提寺になるそうです。
お葬式をするときに菩提寺の作法にのっとって行うそうです。
法要も菩提寺の僧侶によって行うというのが基本になるそうです。

 

たとえ遠くても菩提寺から僧侶を呼んで行うそうです。
そうはいっても、実際問題、菩提寺が阿蘇山にあって、住んでいるところが東京だったら、来てもらうのも大変です。
お葬式をするにしても、都市部に住んでいる喪主にとっては「田舎までとても葬式をするために行けない」ということになると思います。
そういう場合は、葬儀社に頼むという人も多いかと思います。

 

菩提寺から直接、近くの同じ宗派の僧侶を紹介してもらうということもできるそうです。
納骨の際に改めて菩提寺の住職にお経を上げてもらうということもあるそうです。
葬儀社に頼んで同じ宗派の僧侶を派遣してもらう場合も、葬儀の前に菩提寺に連絡する必要があるそうです。
菩提寺への連絡を怠ると、お葬式をやり直すということも起こるそうです。
ここで菩提寺から離檀するということになると、離檀料などの金銭が必要になってくるようです。
話し合いがこじれないようにしなければ配慮をしなければいけないともいいます。

公園墓地に家の墓がある場合などは、菩提寺との関係も変わってくる可能性はとても高くなります。
遠く離れているからといって、放っておくことはできない問題なので、前もって考えていた方がいいと思います。
これからどうすれば良いのか、お墓とは長い付き合いになるということを踏まえて考えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です