公園墓地を始め墓地・お墓・葬儀について考えるサイト「公園墓地.jp」

菩提寺との話し合い

菩提寺との話し合い

菩提寺から見ると改葬するというのは、檀家が減るということになるのですが、それはすなわち経済的な支えを失うということでもあります。
それを踏まえてお互いが納得できる形にしなければならないと思います。

初めから高額の離檀料を請求する住職というのはどうかと思いますが、菩提寺の方も代替わりして、あとを継いだ住職がどんな考え方かわからないという場合もあるようです。
そういう場合は稀なケースとも言えますので、心をこめて話し合いに望めばお互いが納得できるようになると思います。
例えば、長年の供養を感謝しつつ遠方に引っ越して年を取って墓を守ることができないことを説明したり、老人ホームに入ることになってその近くに墓を移したいなどを説明したりするということだそうです。

分骨をするという方法もあります。
改葬は遺骨のすべてを別のお墓に移すことをいいますが、分骨といって、もともとのお墓は残して一部を別のお墓に移動するというという方法もあります。
兄弟それぞれのお墓に両親の骨を納めたいというときに分骨をすればいいようです。
お墓というのは長い付き合いになりますし、先祖代々守ってくれた菩提寺の関係も考えたら、配慮を欠かない話し合いをしなければならないと思います。
最近では、お墓参りどころか、お墓を放っておく人もいるそうです。

自分が高齢になりお墓参りに行けなくなったり、身寄りがないために菩提寺に連絡できないまま亡くなったりといろんな理由があると思います。
親のお墓ということもありますが、自分自身が元気なうちにいろいろとやっておかなければならないこともあるようです。
家族で話し合って、菩提寺にもきちんと配慮できるようにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です