公園墓地を始め墓地・お墓・葬儀について考えるサイト「公園墓地.jp」

親子でお葬式とは何かを考える

親子でお葬式とは何かを考える

親とお葬式やお墓の話をするのは何だか嫌な感じがします。
いわゆる「縁起が悪い」という気がしてしまうからです。
一方で親世代はお葬式のことを調べている人が多いそうです。
葬式セミナーや葬儀社に登録しているとか、積立をしているとか、いろいろとしているそうです。
お葬式というのは、亡くなった人の魂の供養をする儀式です。
遺族や友人、知人にとっては故人との最期のお別れの場になります。
そのため、安易に葬式をやらないという選択はできないと思います。
葬儀と告別式には、それぞれに意味があるそうです。
葬儀とは、葬送儀礼の略だそうです。遺体や魂へ施す習俗的、宗教的な儀礼だそうです。
これは火葬だったり埋葬だったりのことです。読経をしてもらうのも儀礼のひとつです。
告別式は、故人にお別れを告げる式典です。故人の友人・知人に行われるそうです。
お金がかかるからとか、高齢だから葬式に来てもらうのは申し訳ないなどという理由で葬式をしたくないという人もいるかと思います。
けれど、葬儀と告別式は別だとしたら、葬式というものを止めてしまう必要はないかと思います。
火葬だけして埋葬ということになると、家族も寂しいような気がします。
せめて読経だけでも上げてもらいたいなとも思います。
そうならばそうした葬儀をしたらいいと思います。
僧侶に読経してもらって送る簡単な葬式もあるそうです。
また友人や知人に関しては「お別れの会」などを会費制で開くのも良いかと思います。
費用をかけたくないならば、かけないような方法はあるそうです。
葬儀は遺体を葬り、魂を送り出す儀式の意味があるということなので、シンプルでもいいのでやりたいなと思う人も多いのではないでしょうか。
葬儀と告別式を分けて考えると、いろいろと可能なこともあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です