公園墓地を始め墓地・お墓・葬儀について考えるサイト「公園墓地.jp」

一般墓地との違い

公園墓地

一般墓地との違いで特筆すべきは、費用面の違いでしょう。実は意外に思われるかもしれませんが、両者の費用の傾向は特にありません。つまり公園墓地だからといって割高であることを覚悟しなければならないということもないのです。それよりも費用に関係するのは立地でしょう。都心や市街地の墓地はやはり高い傾向にあります。逆に郊外の墓地は比較的安いのが特徴です。宗派の受け入れについても違いが見られるので注意が必要です。公園墓地は門戸が広く、宗派による受け入れの制限も見られないのが特徴です。そもそも公園はす市民全員を対象として作られています。公園墓地の位置付けはそこに付随するものであり、誰に対しても開かれているのです。つまり信教の自由が保障されているわけで、自身の信仰する宗教が何であろうと墓地を購入することができます。それに対し、旧来の寺院墓地は寺院の宗派がどこであるかによって、購入の可否が決まります。

面白い違いとしては、墓石の種類が挙げられます。公園墓地の墓石に多いのは、西洋由来のものです。特にそれが顕著なのは民間の公園墓地で、ガーデニング形式のものでしょう。欧米式の墓地はお洒落であるというイメージが根強く、実際その辺りのデザインが売上に大きく関わるのです。他方、一般墓地は和式のものがほとんどです。最近は多様化しているものの、全体的な傾向に変わりはありません。

公園墓地と一般墓地とのこうした違いを学んだ上で、公園墓地が本当に自分に適しているのかどうかを慎重に見極める必要があります。雰囲気に流されず、総合的に判断する必要があるのです。例えば、自分が高齢になった時でもお参りすることができるかどうかは重要な条件でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です