公園墓地を始め墓地・お墓・葬儀について考えるサイト「公園墓地.jp」

葬儀と告別式

近年では、あらゆる物事に対し、なんでもかんでも簡略化や省略傾向にあり、「時短」至上主義がはびこっているように感じられます。これは、葬儀と告別式に対しても言えることであり、昔ながらのお葬式はどんどんと時短主義傾向にあるようです。若い人なんかは「葬儀と告別式」はセットであると思っている人も少なくないのではないでしょうか。それほどこの二つを一緒に行なうというのが最近では一般的になっているようです。葬儀というのは、故人の信仰や宗派によって内容や焼香の方法といったものが異なると言われています。また、墓地や霊園、納骨堂などの関係によっても選択する形式が変わってくるため、事前にしっかりと確認を取って進めていくことが重要でしょう。葬儀と告別式の後、その日のうちに火葬まで行なわなくてはならないのが近年の「お葬式」ではないでしょうか。そのためタイムスケジュールは厳しく管理しなければならないでしょう。葬儀と告別式が予定通り進んでいけるよう、しっかりと段取りを確認しておくことが重要でしょう。式当日の流れとしては、参列者を着席させ、僧侶が入場すると開式の辞を述べます。その後、読経、弔辞や弔電披露、その後、お焼香という流れで進んでいくのが一般的と言えるでしょう。閉式の辞が終わったあと、出棺のために「お別れの儀」を行ない、火葬場へ移動する流れになるでしょう。弔問客の人数などによっても時間は大きく左右されてしまうため、出来るだけどういった方々がどのくらい弔問されるかということを予測して動くと良いでしょう。当日までも準備は大変ですが、出来るだけ落ち着いて冷静に準備することが望ましいと言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です