公園墓地を始め墓地・お墓・葬儀について考えるサイト「公園墓地.jp」

散骨の注意点

自分自身が亡くなった後、その骨を粉々に粉砕して自分が好きな海や山などに全て散骨してほしいという風に希望を語る人はテレビなどでもよく見るようになりましたが、特に独り身の世代が増えてきた現代では、お墓を作っても誰も世話をしてくれる人がいないなどという風に嘆く人もいるため、そのような人にとっては自分自身の骨を亡くなった後に海などに返すことで、全てゼロの状態に戻すということを理想としている人はいるかもしれません。そして、このような散骨方法は、お墓を作るよりも安くするため、希望する人が多いという風に言えるのではないでしょうか。結局のところ、全ての骨を巻いてしまった場合には、その後の法要をどうするのかということが大きな問題としてのしかかってくることは間違いありません。どのような形で亡くなった人を思い偲ぶことができるのかということを、考える良い機会になるのかもしれませんが、一部を親しかった人の元に置いておくことで、そのような問題も解決できるわけですから全ての骨を散骨するのではなく一部をどこかに残しておくという形式をとることも一つの手段かもしれません。当然のことながらこのような海や山などに骨を散骨するというものも、仮装した後であれば法律に触れることはないようですから、安心して良いかもしれません。そして、散骨をするためには特別な手続きもほとんど必要なく、周囲の人や親戚などから十分な納得いく返事が得られたならば実行することができるということが理想的であると言えそうです。最近では、民間業者などが散骨のためのプランなどを募集して、ビジネスとして行なっている場合などもあり、法外な値段を取られたというようなケースもありますが、話だけでも聞いてどのような形が理想なのかということを探しておくことが良いのではないでしょうか。お墓は自分自身のために作るだけでなく、残りの友人や親戚や子供などが亡くなった人を思い偲んで話に花を咲かせる場所でもあるため、家族が心を一つにする場所として、どこを選ぶかということも重要な点です。そのような意味から考えれば、散骨をするということは、親戚であっても子供であっても山や海などを見た際に亡くなった人のことを思い出すことができますし、自然に帰ったんだということを実感することもできるので良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です