公園墓地を始め墓地・お墓・葬儀について考えるサイト「公園墓地.jp」

仏壇を選ぶ

仏壇

仏壇というものは、宗派によって飾るものや必要な用具というものが少しずつ違っていると言われています。とくに仏壇の中心とされている「本尊」の仏像というのは、宗派ごとに決まりがあると言われています。購入を考えている際には、事前に宗派の確認が必要と言えるでしょう。近年では、核家族化やマンションなどの普及によって、家に仏壇を置くための仏間がないという家が増えているのではないでしょうか。そのため、このような住宅環境にも適応できるよう、タンスなどの上に設置できるようなコンパクトタイプ、また、そのままどこにでも設置できるような台付型仏壇などといったようなさまざまな形状の仏壇があるようです。購入を考えている際には、あらかじめ家のどこに仏壇を置くかということや、サイズはどのくらいにするかといったことをよく検討しておくと良いでしょう。仏壇同様、墓地も宗派によって制限がある場合があるため、公園墓地や霊園、納骨堂などを検討する前に、確認しておくことが望ましいでしょう。仏壇を購入したら、僧侶に「開眼供養」を依頼しましょう。開眼供養とは、新しい本尊の仏像に魂を入れてもらうこととされています。仏壇の購入を法要に合わせることができれば、この「開眼供養」を法要と一緒にお願いすることができるため、手聞が省けると言えるでしょう。この場合には、法要のお布施とともに供養のお布施も上乗せすることが大切でしょう。仏壇の形状というのは、住宅のタイプに合わせて3種類あると言われています。自身の家にぴったりのものを選ぶことができるよう、事前のシュミレーションや検討が重要になってくると言えるでしょう。家族とよく話し合って決めることが望ましいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です