公園墓地を始め墓地・お墓・葬儀について考えるサイト「公園墓地.jp」

仏壇と仏具

仏壇と仏具

本位牌というのは、全て同じというわけではなく、様々な種類の中から選べると言われているようです。材質や仕上げ、大きさなど、希望のものに近いものをいろいろ選ぶことができるようです。その遠いによって価格にも幅があり、その種類は製法によって漆を塗ったものや、木目の美しさをいかしたものなどがあるようです。本来、本位牌というのは1人の故人にひとつの位牌を準備するというのが基本とされていますが、「回出位牌」と呼ばれる、ご先祖の位牌をまとめて納めることのできる位牌もあるようです。浄土真宗では位牌を用いないため「過去帳」と呼ばれるものを使用すると言った場合もあるようです。位牌を飾る仏壇は、宗派によって形式が異なるようなので、購入を考えている際には、準備すべき用具や飾りの確認が必要と言えるでしょう。新たに仏壇を購入する場合、そのための期限というのは、とくに決まってはいないようですが、一般的には、忌明けである四十九日や一周忌までと言ったように、法要に合わせて購入するということが多いと言われています。家に、すでに仏壇があるといった場合には、親が亡くなった際には仏壇の扉を閉め、四十九日が過ぎるまでそのままにしておきましょう。故人は忌明け後に仏となり、仏壇に入ることができるようになるようです。仏壇を買いかえたいという場合、古い仏壇は寺院か仏壇庖に依頼し、焚き上げという方法で処分してもらうようにしましょう。仏壇と同様に、墓地やお墓も、宗教や宗派によって制限がある場合があるため、公園墓地や霊園、納骨堂などの種類を決定する前に、あらかじめ確認するようにすると良いでしょう。信仰のない場合は、葬儀も墓地もお墓もあまり気にせずに、故人の生涯に沿ったものを選ぶことができると良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です