公園墓地を始め墓地・お墓・葬儀について考えるサイト「公園墓地.jp」

中国の庶民のお墓

中国の庶民のお墓

中国のお墓と言えば、始皇帝のお墓が有名ですが、庶民のお墓の実態を知る日本人は少ないかもしれません。墓石を置いて弔うという点では日本と変わりませんが、そのデザインは全く異なります。角型の石を積み上げる日本式のお墓は見られず、甲羅のような形をしたお墓が主流となっています。埋葬の仕方は国民の選択に任されており、火葬を選択する人もいれば、土葬で済ませる人もいます。但し衛生上の観点から、10年経過すると火葬することが義務付けられています。中国は大きな国であるとのイメージが先行していますが、実は平地として使える土地は少なく、墓地不足が深刻化しています。埋葬単位が日本のように家族単位ではなく個人単位であることも、深刻化に拍車をかけています。ところで何かと中国と比べられる台湾のお墓の事情はどうなっているのでしょうか。台湾のお墓は中国のそれとは趣を異にしています。山に設置されることも多く、遠くから眺めると独特の景観を形成している事が分かります。墓の一つ一つが大きいため、台湾でも墓地不足が進んでいると言われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です