公園墓地を始め墓地・お墓・葬儀について考えるサイト「公園墓地.jp」

生前にお墓を建てる意味

墓を建てる意味

人によっては生前にお墓を建てることもありますが、一般的には縁起が悪いと認識されています。しかし専門家の中には、生前墓は「寿陵」と呼ばれ、元来縁起の良いものだったと主張する人もいます。真偽は定かではありませんが、いずれにしても本人が納得できるタイミングで購入するのが無難でしょう。少なくとも法的にはいつ建てても問題ありません。建てるタイミングを自分で決められない場合は、信仰する宗教の教えに従うのも有用です。実際多くの宗派では、適切な日を設けています。ただ、建立年までは定めていませんし、何より遺骨も無い中で建ててしまうと、お墓を売ってくれないこともあります。ですから生前に建てようと計画している人は、そのようなリスクを知った上で、決断するようにして下さい。迷った時はお墓に拘らないという選択肢もあります。つまりお墓以外の方法で弔うということです。具体的には、「散骨」や「手元供養」が挙げられます。これらは経済的にもリスクが低いため、初心者には魅力的な選択肢と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です