公園墓地を始め墓地・お墓・葬儀について考えるサイト「公園墓地.jp」

お墓と負担

お墓

お墓には家や土地と同じような性質があるため、つい相続税等を気にしてしまいますが、実際のところはどうなのでしょうか。実はお墓はいわゆる相続財産に当たりません。家や土地であれば所有者が亡くなった時、相続税が発生します。そのルールがお墓には適用されませんから、生前に購入しても子どもたちに負担を掛けることなく、引き継がせることが出来るのです。但し、節税を目的として無理にお墓を購入することが推奨されるのは、あくまでも裕福な人たちに限られます。相続税は改正が重ねられており、2015年の改正では基礎控除が3000万円、法定相続人控除が600万円と定められました。ですからこの額を下回る財産しか残せないようであれば、相続税はどのみち発生しないのです。ところでこうした税関係のメリット以外にも、生前購入を勧める理由があります。それは、時間的、肉体的な負担を確実に減らせるからです。仮に死後に子どもたちが新しくお墓を建てるとしましょう。子どもたちは突然の死に戸惑いつつも、急いで墓地を探さなければなりません。ただでさえ落ち込んでいる中、最適な墓を見つけるのは大変苦労します。おまけにお墓の購入は手続きも煩雑です。時間が掛かる上に、提出しなければならない書類も山のようにあります。こうした負担を減じるためにも、生前購入をお勧めします。ただ注意して頂きたいのは、公営墓地を望む場合、遺骨が必要になるということです。また民間の霊園であっても、思わぬルールが課せられることもあります。大事なことは、事前によく調べておくことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です