公園墓地を始め墓地・お墓・葬儀について考えるサイト「公園墓地.jp」

事前相談で気を付けること

身内の葬儀について、或いは自分の葬儀について相談する行為は、あまり気持ちの良いものではありません。それは葬儀業者もよく理解しています。また相談時の合意を死後反故にすることもよくあります。それはお客様の我儘だけでなく、人の死という特別なイベントの性質にもよるのです。特に生前人望を集めていた故人の葬儀となると、家族や近親者以外の方々のご意見も頂戴することがあります。葬儀業者としては出来る限り関係者全員が満足できる葬儀を提供したいので、喪主が予定を変更したい時はなるべく対応しています。筆者が経験した例としては、このようなケースがありました。喪主と故人との意思疎通が十分でなかったためか、故人が生前に事前相談に訪れていたことを誰も知らず、喪主に「そのような話は聞いていない」と言われてしまいました。葬儀業者としては正直に申し上げると迷惑なのですが、喪主の事情も理解できるものであったため、柔軟に対応して計画を組み直しました。予算・見積額は当初と全く異なるものになり、こちらとしては痛手を被りました。とはいえ、最終的に喪主と関係者に感謝され、満足できる葬儀が行われたと自負しています。この例のように、葬儀の事前相談は完璧なものではありません。葬儀は人間関係や経済状況が大きく関係するからです。事前相談から死亡までの期間が長ければ長いほど、葬儀の内容が急遽変更される可能性が高まります。ただそのような場合でも事前相談が全くの無駄に終わることはありません。相談者が家族に相談内容をきちんと伝えていれば、変更された場合でも何とかなるものです。葬儀に関する基本的な知識はどのような状況でも変わりませんから、それを学ぶだけでも相談する意味があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です